So-net無料ブログ作成

About here

このブログは、2012年3月27日をもちまして更新を終了しました。
しばらく休んでから、2012年 年末頃を目処に、こちらで再開予定です。

 
前の10件 | -

ありがとう [雑記]

2009年7月27日。
ゲームポットのポイント欲しさに書き始めて、早3年。

画像をべたべた貼りながら、せっせと更新してきたこのブログも、


限界突破.png


ついに使用容量の限界に達し、これ以上継続できなくなってしまいました。

振り返れば、最初は自分のアップデート確認しかアクセスがない状態からスタートし

初期状態.JPG

最終回の今、

20120326.png

累計 400,000 Hit にまで達しています。

ゲーム分野ランキングでは上位 0.5%内。
旬でもメジャーでもない ゲームばっかり扱っている、こんな日記が。


ひとえに、読んでくださった皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

過去にも 節目節目で、

nukesakushiri.jpg

尻を見せたり

いきなり前見せ.JPG

前を見せたりして、


感謝の意を示してきましたが、




さすがに今回は最後ということで、ちょっと趣向を変えまして





三点セット.jpg

三点セットで。


いやぁ、最後にコレが ちゃんとやれて良かった。



なお、『商業都市の休日』 は、本日で終了となりますが、

新しく 『商業都市の祝日』 というタイトルになり、ここから 再スタートします。

気が向いたら 遊びに来てやってください。

ちなみに、
商業都市の夜』 というタイトルにして、下ネタ2割 という形も考えていたのですが
お上品な私には、それを続けるのはキツイという判断に至りました。

私の性格からすると、2割が5割になり、9割になっていくのが
なんとなーく予想ついてしまったので、思いとどまりました。


ただ、しばらくの間は、今のような毎日更新はいたしません。
おそらく、週1回書くかどうか、という程度になります。

当分は時間をゲームプレイのほうに割いて、それなりにネタが集まってきたら
じゃんじゃん書いて行こうと思っています。

そのときはまた、よろしくお願いします。

予定通りの?エンディング [プリンセスメーカー]




End_01.jpg

長いようで短かった、子育て期間が終わりました。

End_02.jpg

地味なナレーションながら、数々の思い出が心を揺さぶります。

End_03.jpg

そうそう、良い教育をしたのだ。
なにしろ、これから王国の軍を背負ってもらわないといけないからね。

End_04.jpg

娘も良く応えてくれたさ。
さあ、輝かしい未来を見てやってくれ。


End_05.jpg


…あれ?

お城は?


End_06.jpg


おかしい…将軍エンドはこんなのじゃないはず…


End_07.jpg

End_08.jpg

End_09.jpg

の゙おおおぉぉぉぉぉッ!
これ、体力馬鹿エンドじゃないかよう。

どこだ?

どこで間違った?


…あ


End_10.jpg

これかッ!
最後の武者修行で、体力が腕力を上回っちゃったのか!

むきー!なんてこったい!


最後の月、やり直してやるー ・゜・(ノД`)・゜・


………


……





End_11.jpg

End_13.jpg

ああ、こうだよ。そうだよ。

End_14.jpg

ということで、レインは王国の将軍となりましたとさ。


なんか最後に来てケチがついたけど

いいのさ。ちゃんと将軍エンドを迎えたんだから。

めでたしめでたし!めでたいのっ!

大団円、そして伝説…は再び [ドラゴンファンタジー2]

現れたのは、ネオエクスデス。
ええ、原作 FF5 の通りです。

攻撃ポイントが4箇所もある面倒なやつですが、

01盗む.jpg

なかなかいいものを盗めるので、盗賊キャラを連れて行くといいです。

え、ラストバトルなんだから、何を盗もうと もう関係ないって?
ちっちっち、甘いナ。
いいから盗んでおきなさい。損はないからサ。


で、新エクス様を沈めると

02終わった.jpg

クリスタルが送ってくれて

03クリスタルが送ってくれる.jpg

04神様のお言葉.jpg

気が付けば天空城。
むむ、せわしい。

05皆さんさようなら.jpg

それでは、仲間の皆さん さようなら。

エンディングでは、パーティーメンバーたちの、その後が描かれています。
同じゲームの出身者は、だいたい同じところに集まる傾向があります。

チームFF9 は、ガーネットのところへ。
06FF9チーム.jpg

チームFF10 はビサイドの村へ。
07FF10チーム.jpg

こんな感じです。
ああ、DQ4 チームは完全にばらばらですね。 

ドランは天空城に残り、ピサロはもちろんロザリーヒルに戻ります。
ライアンはホイミンの元へ。
アリーナ、クリフト、ブライはサントハイムへ。
モンバーバラ姉妹は、アムルの酒場へ。
トルネコは不思議のダンジョンへ。 早速やられて放り出されてる

そして勇者はひとり、旅立ちの地 ラダトームへ。

08勇者はラダトームへ.jpg

なんとも寂しい結末ですが、
ま、勇者なんて、平和になっちゃえば ただの煙たい存在 ですから。
しょうがないね。うん。


最後に、馬車も含むパーティーメンバーの戦績が出ます。

09戦績.jpg

勇者は出続けたわりには あんまり魔物倒してないのね。
単体攻撃メインだからなー。


という調子で、8人分のステータスが出てきたら


ジ・エンド。


10End.jpg





…ではなくて



11総括.jpg

総括の後に

12オマケ機能.jpg

次なる冒険の いざないが。

13新しい冒険へ.jpg

さあ、新しい旅へ出発だ!

さっきネオエクスデスから盗んだお宝も、持った状態で始まるヨ!(≧▽≦)

世界は続くよどこまでも [ELONA(ver1.02)]

レシマスの秘宝を得た ブラックプリンス クロに対し

01エンディング?.jpg

勝利のウィンドウが称えます。

ほほう、裏でスコアなんて付けてたのね。
30,508点というのが高いのか低いのか、比較対象がないので わかりませんが。

しかも、適当に叫んだ 「おぉぉぉぉ!」 が、しっかり取り込まれてるじゃないか。
ちっ、もうちょっとクールな台詞にしておけば良かったぜ。


床には、元の秘宝所有者が残した宝があります。

02老人の遺産.jpg

死を奏でる大鎌。
これもまたアーティファクトです。

03虚無の大鎌.jpg

性能は魔法使い用ですかね。
すげー重たい けど。


そういえば、さっき突然現れた謎の男。

…こいつ、ユニークNPCだよな?


 (心の声: やっちゃうだわ やっちゃうだわ)


よし、殺る。

04こいつも.jpg

拍子抜けするぐらいあっさり倒せました。
そして、目論見通り、剥製とカードを手に入れ

05混沌の遺産.jpg

『黒き混沌の剣』 こと

06モーンブレイド.jpg

モーンブレイドをげっと。
この剣は、相手のスタミナを奪い取る効果が付いています。

先に古城で手に入れた ランキス と二刀流にして、

 モーンブレイドでスタミナを吸収し
 ランキスでHPを吸収し
 視界範囲内に有効な剣技 『スウォーム』 を乱発する

という戦術を取れば、事実上無敵モードです。

あまりにも強力すぎるので、仕様変更で封印されて、
新しいバージョンでは使えなくなってますけどね。

私のバージョンではまだ使える。 ヽ(´ー`)ノ フフフ


で、この階から去ろうとすると、形ばかりのエンディングが。

07エピローグ.jpg


途中でさりげなく


08年代ジャンプ.jpg


軽ーく年代ジャンプ。


要は、主人公は3年間レシマス地下にこもり、真実を記した本を読み漁ったということです。

09空白の時代.jpg

新たな謎を呼び起こしつつ

10第一部完.jpg

第一部完。

作者が作る気なさそうなので、第二部はありません。 (´Д`;)



ただ、ゲームはここで終わらないのです。

3年の時を経て、再び港町ポートカプールに着きました。

11再開.jpg

その瞬間、持っていた3年前のイチゴが腐りました。


町に入ると、前に町を出たときから1000日以上の経過を告げられ、

12千日前のサラダ.jpg

その瞬間、持っていた3年前の山菜サラダが腐りました。


ま、いろいろとツッコミたい部分はありますが

何事もなかったかのように、クロの冒険は続きます。


休日で語れなかったお話は、いずれまた、祝日にて。

夢は最強剣士 [プリンセスメーカー]

運命の日まで2ヶ月。
いよいよ、武芸の上級師範に挑戦します。

01念のためのスケジュール.jpg

スケジュールは余裕を持って、2度挑戦できる形に。
だって強いんだもんこいつ。

02奥義を極めよう.jpg

勇んで武芸教室に向かうと、現れたのは、おじいちゃん。

そう、ここへ来てやっと、修行風景の指導者と容姿が一致したわけです。

03試験の勧め.jpg

そんな感慨に浸る余裕もなく、訓練が終わると試験の話が。

もちろん受けるヨ!
最後の称号、いただくからッ!


04つええ.jpg

盛大に負けました。

うげっ、こいつマジ強ぇ…  たかだかレベル5のくせに


バカンスの温泉で、傷を癒しながら作戦会議です。 (容量不足のため画像割愛)

奴は強いぞ。
次はどう戦うのだ、レインよ?


05卑怯者.jpg


アアッ <(;゚口゚)> 何ということだ 娘よ

収穫祭で買収に走った父の姿を見ていたのか 娘よ


ええい、小細工してないで、正々堂々勝って来なさい!


06今度こそ.jpg

再戦です。
来月もなんてヤだからね。今度は勝ってよ。


・・・・・・・・・


・・・・・・


・・・



07勝った.jpg

よし勝ったぁー! \(>o<)/

剣聖」 の称号ゲットーー!

08称号剣聖.jpg


ちなみに、剣聖になってから再び習いに行くと

09以後.jpg

初級師範と簡単な会話だけして帰ることになります。
ただの時間の無駄かよ。


なんてやっているうちに、とうとう 運命の日の前日 になりました。

10運命の日の前日.jpg

スケジュールボタンを押すと、エンディングになります。

王国軍の将軍になるために、修練を重ねてきたレインの物語も、いよいよクライマックス!

Final Fantasy (5) [ドラゴンファンタジー2]

ラストダンジョンは、それほど広くはありません。
敵も強いけど、神殿のガーディアンどもを倒せるなら、問題ないレベル。

ただひとつ

01要注意な宝箱.jpg

この宝箱だけは注意。

02ヘルバトラー.jpg

箱から出てくるヘルバトラーは、1体でも神殿のボスクラス。
節約しながら勝とう、なんて思わないことです。

大丈夫、次のエリアにテントの使えるセーブポイントがあるから。
赤セーブなので、メンバー交代はできないけど。

03オリハルコンの牙.jpg

勝利すれば、オリハルコンの牙が手に入ります。

ちなみに、別のフロアに行ってから戻ってくると、
宝箱のフタは また閉まっており、開けると再び苛烈な戦闘が開始となります。

オリハルコンの牙もまた手に入りますが、そんなにいくつも持つようなもんじゃないし。
ま、スリルのある戦闘がお好きならどうぞ、ということで。


さて、最深部に行くと

04エクス様.jpg

あの方がいます。

05例の御託.jpg

相変わらずよくしゃべり

06樹が伸びる.jpg

相変わらず 自分に酔って 自信に満ちています。

07そのまま戦え.jpg

メンバー変えるの忘れたまま来ちゃった けど
ま、どうせ勝てる。そのまま行っちゃえー!


08倒しちゃったよ.jpg


勝ちました。 (≧▽≦) ほーらね


木の化物は、ぐにょぐにょと消えて行き

09何かが出てきたぞ.jpg


曲が変わって、別の何かが出てきたぞ?

受け継がれる物語 [雑記]

小さい頃に聞いた物語が、いつの間にか違っていることってないですか?


私が幼い頃に読んだ 『かちかち山』 は

優しいおばあさんが悪いタヌキに騙されて殺されてしまい、
その仇としてウサギがタヌキを謀殺する物語でしたが、

今のストーリーは、おばあさんは死なず、タヌキも死なず、
タヌキは悪さをしたことを謝って、みんな仲良く幸せに暮らしましたとさ、という結末だとか。


トラがバターになっちゃう話なんかは、差別用語がどうとか言って
存在自体がなかったことにされてしまってるし。


浦島太郎も変わっちゃいましたね。

私が子供の頃の話では、助けた亀に連れられて竜宮城へ行き、
最後は玉手箱を開けておじいさんになってしまったものですが

今の物語は、カップ麺から生まれた浦島が、竹から生まれた乙姫と一緒に、
犬・サル・トリを連れて鬼が島に行き悪い竜を倒すことになってましたからね。

ん? それは任天堂のせいか。


ま、歪んだ物語を聞いて育った子たちには、良識ある大人を代表して
私が ちゃんとしたお話 を伝えてあげないといけませんね。

以前 『桃太郎』 のお話をしたので、
今日は 『三匹のこぶた』 の話をしてみましょうか。



       *     *     *


あるところに、三匹の子豚の兄弟がいました。

三匹は、お父さんの命令で、それぞれの家を建てることになりました。

 長男は、わらを束ねて簡単な家を作りました。

 次男は、木を切っておしゃれな家を建てました。

 三男は、レンガを積み上げて頑丈な家を造りました。


家はいつしか城となり、


庭はいつしか国となり、


三匹は、それぞれ魏・呉・蜀という国名を唱え、血で血を洗う争いの歴史が…



お願い、そろそろ誰か止めて

レシマスの奥 [ELONA(ver1.02)]

18階以降のレシマス洞窟を下っていきます。

20階…

30階…

40階…

まだ続くかと思ったそのとき

01封印が44階に.jpg

44階で封印された扉を発見。

む、これはまさか…

近付いて触れてみると

02道が開ける.jpg

道が開けました。
やはりこれが、3つの秘宝で封印されていた扉のようです。

ということは、次が最深階ってことに…

03伝説の王弟.jpg

下りたとたん、顔色の悪い人物が出迎えました。
げげっ、コイツが噂の三代王の従弟かっ?

男は死ぬつもりはない、などと言いながら襲ってきます。 とっくに人生終わってるくせに

04ゼーム.jpg

しかしこちらとて、鍛え上げた歴戦の勇者。

おまえなど一刀両断してくれるわ!


05回復する.jpg


なんで完全回復なんてできるんだよう。
ずっこいぞオマエー (´Д`;)


でも勝ちます。ふふん。

06倒した瞬間.jpg

何だか台詞を選べということですが…ま、とりあえず叫んでおくか。

おぉぉぉぉ! (笑)

そこに現れましたる謎の男。

07現れた男.jpg

彼は混沌の寵児と名乗り、

08混沌の寵児.jpg

ぶつぶつと独り言を言っています。

そして急に向き直り、

09アーティファクトの本.jpg
10真の歴史書.jpg
11問題がある.jpg
12勝手なことを.jpg

自分の言いたいことをべらべらと。
ま、コイツはとりあえず無視しましてー


さて、どうしよう。


秘宝である歴史書は、台座にあることで真実の歴史を記すという機能を保つ。
動かしたが最後、ただの本になってしまう。

一方、自分の使命は、レシマスの底にある、このアーティファクトを持ち帰ること。
手ぶらで帰るわけにはいきません。


悩んだ結果…

13どうする?.jpg

万全を期して [ドラゴンファンタジー2]

次に向かうは北西の神殿。

01北西の神殿.jpg

ここで出てくるのは、DQ2の大神官、

02この台詞は.jpg

はい、ハーゴン様です。

03大神官.jpg

現れるなり、ダースドラゴン2匹を召喚し、全員にマイティガードをかけます。
しかも、ドラゴンを先に倒すと、また新しい個体を呼ぶので、これが結構うっとうしい。

ならば…

04あやつる.jpg

ちょうどミレーユを外し忘れているので
ドラゴンを操って、味方に炎を浴びせかけてやればいい。

わははは、燃えろ燃えろー


4つ目の封印が解ければ、もう戦闘には ほぼ支障がないはずです。
こうなれば、残る2つはどちらから行っても一緒。

とりあえず東はキングヒドラ、

05東の神殿.jpg

06キングヒドラ.jpg

西はダークバハムートで、

07西の神殿.jpg

08ダークバハムート.jpg

ダークバハムートのほうが若干強い感じ。

コイツは、「ダ」から始まって、1ターンに1文字ずつ増やし、
6ターン目でダークフレア発動、ということをします。

発動したら とても痛いですが

09その前に倒せば.jpg

その前に倒してしまえば問題なし。
最強の必殺技を、遠慮なくぶつけてあげましょう。


全ての封印が解ければ

10突入準備完了.jpg

もう ラストダンジョンに突入するだけです。
ダークバハムート風に言うと

もうすぐだ もうすぐで
エクスデス様は終局を迎える……

淑女の品格 [プリンセスメーカー]

いつもなら 「明日から X月だ」 と表示されるメッセージウインドウで

01運命のカウントダウン.jpg

カウントダウンが始まりました。
あと3ヶ月、3/31をもって、育成期間は終了です。


やり残したことは、あとふたつ。
そのうちのひとつは、王との顔つなぎです。

かつて、王宮に挨拶に行かせたことがありましたが、

06門番に追い返された.jpg

下賎の者呼ばわり をされて、追い返されたのでした。

礼法を身に付けた今、リベンジのとき。
再び王宮に向かわせます。

02お城へ顔つなぎ.jpg

前に会った門番がいました。
彼は そのときのことを覚えていたようですが

03衛兵.jpg

今度は通してくれました。
次は衛兵隊長です。

04衛兵隊長.jpg

これも軽くクリア。

そして、侍従、

05侍従.jpg

侍従長と、

06侍従長.jpg

順調に認められて、ついに王妃様です。

07王妃.jpg

王妃も感心してくれました。

よし、王まで届いたぜ。


08王.jpg

しかし、王の求める気品はとてつもなく高いです。

具体的な数値で言うと、600。
王妃でも 400なので、飛び抜けた要求値です。

残り期間で満たせなくもないですが、そんなに上げてしまったら、
気品が腕力の数値を超え、将軍どころか貴族系エンドになってしまいます。

もちろん そこまで上げる気はないので

09無作法者.jpg

王には不作法者と言われ、お菓子をもらって帰されました。

きーっ、なんか屈辱ッ!


でもまあ、直接 王に面会するところまで行きましたから、目標は達成です。

あとは、上級剣術の師範を倒すこと。
待ってろよ、じじい。 お待ちになってて、御爺様。(礼法の学習失敗)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。